FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ラインハルトは悩んでいた

   キルヒアイスと同部屋にならなかった事を

   ここは帝国軍幼年学校の寄宿舎

   「なぜキルヒアイスと離れ離れにならないといけないのだ!」

   「ラインハルト様にはもうお分かりのはずです」

   「なぜそんなすました顔でそう言えるのだキルヒアイス」

   「仕方がありませんここでは教官がいうことには絶対服従なのですから」

   「おのれ!!あのくそじじい、故意にやったとしか思えぬわ!!」

  「どうかお静まり下さい、ラインハルト様。」

  「”くそ”などという下賤なお言葉は似合いませんよ。・・・ここは寄宿舎といえども

   油断なりません。帝国内はもちろんのこと、あらゆる惑星からの志願者達が

   留学生として寄宿してるとのこと。壁に耳有り、障子に目有り、です。」

  「キルヒアイス、お前、言うことはもっともだが、じじむさいぞ。」

  「有り難き幸せ。」

  「・・・・・・・・。」

  「とにかく、これからが正念場だ。・・・色々な意味でな。」

  「そうですね。とりあえず情報収集の基本として、寄宿舎内の探検に参りませんか?」

  「うむ。そうだな。」

「探索なら夜を待って出かけよう、それに今から授業だしな」

「しかし机の上の戦術などつまらん、原始時代の妄想としか言えん代物だ」

「それにあの教授の目が気に食わんのだ」

「ラインハルト様教授と申されますとあの関西弁を喋るビュテンフェルト教授の事ですか?」

「あの関西弁で戦術を語りながら俺に流し目を送るのだ」

そうはき捨てるようにラインハルトは言うと背中にむしずの走るのを抑えられなかった

「ほな、授業始めるで。諸君もそろそろ寄宿生活に慣れてきた頃やさかい、

  びしびし行くで。同盟やらフェザーンやらに負けてられへんわ!!」

 ビュッテンフェルト教授は、意気揚々である。

 「今日からは諸君に”C級難度”をマスターしてもらお。」

 ざわっ。

 どよめく教室。「し、C級難度おお!?」「そ、そんな・・・・!」「無茶なっ !」

 波立つ空気。

 むろん、ラインハルトも、キルヒアイスも”C級難度”など知る由もない。

どうやら教授はとんでもないことを言いだしたようであるのは明らかなのだが。

「申し上げますっ!!おことばですが、我が国ではそのような事は考えもしないこと。

ましてや、マスターするなど、論外ですっ」

そう言ってたちあがったのは、眉目秀麗、茶色掛かった金髪に、ヘイゼルの瞳が

涼しげな、そう、ラインハルトの記憶が正しければ彼の名は、ザナンザと言った。

 「さよう。拙者も反対でござる。拙者の国ではそのようなことは、あり得ぬ。」

 と、叫んだのは顔にハの字のヒゲをはやし、髪型といえば、ポニーテールなのに

何故かおでこから後頭部にかけてはつるっぱげという妙ななりの、背の低い黒髪の東国男であった。

妖しげな機械的な瞳を不気味に光らせながら、黙っているキツネ顔の男もいる。

彼はオーベルシュタインと言ったか。

「おだまり!!ここでは教授のアタシの言うことは絶対。そうやろ?ローエングラム君」

そう言って、ビュッテンフェルトはラインハルトに流し目をくれた。

「君はわかってくれるな・・・・?」

世の中にこれ程不気味なモノがあるのか、ラインハルトは悪寒をこらえきれずに感じた。

何か良からぬ予感がする・・・。)

一方、キルヒアイスも同様に感じていた。

彼に向けられるビュッテンフェルトの、刺すような冷たい視線を・・・。

しかし、ここまで言われてしまっては従うしかないラインハルトとキルヒアイスであった

ラインハルトはこぶしを握り締め怒りを抑えながら吐き捨てるように言った

「キルヒアイス私は誰にも指図されない力を手に入れるぞこんなばかげた事につきあう事ができるか」

学生たちが連れてこられた場所は体育館の中の体操競技場

そこに体操のレオタードを無理やりきせられ身体にピッチリのフィット状態の二人が

顔を真っ赤にして並んでたっていた

その前に同じくレオタードを着込んだビュッテンフェルトが仁王立ちに立っている

「いいかおまはんら!宇宙に飛び立つためには器械体操で言うところのD難度まで

自分のものにせにゃあかん、最初はC難度からの挑戦やな」

そう言い放ったのはアンスバッハであった

このとき誰が数年後キルヒアイスの命をアンスバッハが奪う事になると予測できたであろうか

それではまず見本をビュッテンフェルト教授に見せていただこう

そう紹介されてまってましたばかりの勢いで床運動をはじめる

ビュッテンフェルト教授の姿がそこには会った

彼は美しかった。鍛えぬかれた、引き締まった彼の肉体は、

ショッキングピンクのレオタードによっていっそう際立って見えていた。

そして時折見せる彼のチャーミングな(少なくとも彼自身はそう思っている)

眼差しは、見る者を圧倒させた。

「さすがは、教授ですね・・・。」

「帝国の猛将といわれるだけのことはあるな。」と、ザナンザとオーベルシュタイン。

彼らももちろんレオタードを身に付けている。(ご想像におまかせしよう。)

事情をやっと飲み込めたラインハルトとキルヒアイスも、これには驚いた。

「<黒色槍騎兵>を率いるともなると、こんなにおぞましくも美しいものなのか、キルヒアイス。」

「私も驚きました。艦隊を率いるミソがここにあったとは。」

ふと、別の一角が騒がしくなった。

「何事だ!?」

ラインハルトはこれ以上何が起こるのか、と言わんばかりにざわついている方へ駆けつけた。

「ラインハルト様もお好きなんだよな・・・。」ぶつぶつとついて行くキルヒアイス。

そこでは

鮮やかなライトブルーのレオタードを身につけ、今まさにC難度を披露している

ミッターマイヤーの姿があった。

蜂蜜色の髪がたなびいて、レオタードに良く映えていた。

「ラインハルト様、こ、これは・・・!?」

「速い・・・!!」

ミッターマイヤーの動きは想像以上に速かった。

「くそ、<疾風ウォルフ>と呼ばれるゆえんか。私はこやつらを負かさなければ、

いつまでも指図される立場にいるというのかっ。」

「よし、次は私がやる!」

体育館中に響き渡る声で、ラインハルトは叫び、すっくと立ち上がったのだった。

誰が気づいたであろう。

ビュッテンフェルトの視線は、またもやラインハルトにそそがれていた・・・。

ラインハルトは軽やかにそして優雅に床の上を飛びはねた

手の先にはピンクのリボンをもちくるくると回しジャンプ!!

ついでに3回転半のひねりを入れ着地を決めた

ラインハルトの金髪が汗にぬれ美しく光った

周りから感嘆の声があがる

「さすがはローエングラム」

悔しそうにビュッテンフェルトはその場を後にした

ビュッテンフェルトは演技に失敗したラインハルトを居残りと称し2人っきりで・・・・

と考えていたのだ

「さすがはラインハルト様、完璧な演技でした」

「私に不可能な事はない」

ビュッテンフェルトの背中を見ながらラインハルトとキルヒアイスは笑った

こうして二人の危険な1日が終わった

だがまだ寄宿生活ははじまったばかりである
スポンサーサイト
 出会いその後

(マリーカとケスラー)

【夕食の約束1】

ヒルダが無事に出産した翌日の朝

、ケスラー上級大将はヒルダに呼び出されて、フェザーン医科大学付属病院に行った。

「皇子が助かったのは、大公妃殿下とケスラー上級大将のおかげです。

あらためてお礼申し上げます。

それともうひとつ。

ケスラー大佐、マリーカ・フォン・フォイエルバッハは私の大切な友人です。

彼女から個人的に優しい大佐さんに伝言を頼まれています。

明日夕食のご予定は?」

ケスラーは言葉をつまらせた。

「フロイライン・フォイエルバッハにお伝え下さい。喜んでお招きに応じますと。」

この時ヒルダはピーーンと直感が働いた。そしてつぶやいた。「この二人はうまくいくわ。」

ケスラーが退室してすぐ、ヒルダの部屋のドアをノックする音が聞こえた。

「どうぞ。まあ!マリーカ戻ってたの?じゃあケスラー上級大将と会ったんじゃないの?

するとマリーカは「ヒルダ様。私ケスラー大佐にお会いする事出来ません。わたし.......」

マリーカは頬を赤く染めて、ずーとうつむいていた。

「どうしたの?マリーカ。」

「ヒルダ様。あのあのっ....恐いんです。きっと断ってこられたんでしょ。

あーどうしましょう。私恥ずかしいですわ。」

ヒルダはくすっと笑って、

「マリーカ安心して。ケスラー大佐は喜んでお受けしましたよ。」

「ほっほっ本当ですか。きゃー嬉しい。」とヒルダに抱きついた。

「あっすいません。ヒルダ様」

「良いのよ」と優しくつぶやいた。

その時、アンネローゼが入ってきた。

「マリーカ、嬉しそうね!

その様子だとケスラー大佐とのお食事のデートが約束出来たみたいね。

「えっ!どうしてアンネローゼ様ご存じなんですか?」

「まあ!マリーカ。昨日カイザーリンにお願いしてたでしょ。

部屋の外まで聞こえてきてたわ。聞いてしまったの。御免なさい。

でも安心して、私以外は知らないから」

「えーーー!昨日の事ご存じなんですか。恥ずかしい」

昨日、ヒルダはマリーカに言ったのだ。

「私からも直接お礼を申し上げたいので。明日ケスラー大佐をお呼びして下さい」

「ヒルダ様。ケスラー上級大将でいらっしゃますよ。大佐様ではありませんよ」

「マリーカ。いいのよ。私達の間では大佐さんのままでもいいでしょ。ふふふ」

「まあヒルダ様、からかわないで下さい。それでしたらひとつお願いがあるんですけど」

「なあに?」

「ケスラー上級大将を夕食にお誘いしたいいんですけど。ヒルダ様からおっしゃっていただけませんか」

「それはいいけどどうして?マリーカ」

マリーカは真っ赤になり、両手で顔を包んだ。ヒルダはその姿を見て少し驚いた。

マリーカの足が震えていたのだ。

「マリーカここにおかけなさい。そして深呼吸をして。」

マリーカは言われた通りに深呼吸をしてかけた。

「私。さっきから変なんです。体全体が熱いです。

でも気持ちはすーとしてるんです。でも心臓がドキドキして。こんな事って初めてなんです。

病気になったんでしょうか?ヒルダ様。ケスラー上級大将の事を考えるだけで...」

「マリーカ。それは病気ではありませんよ。いずれ自分自身でそれが何なのかわかりますよ。」

ヒルダは心の中で、マリーカに言った。

”それは恋よ”と。

「マリーカ、自分で確かめたら。」

「でもどうすればいいんですか?」

うーーんとマリーカは考えた。

「ヒルダ様。ケスラー上級大将を夕食にお誘いしましょ。どうですか?

私は料理が得意なのでそれでしたら大丈夫ですわ。」

すると「じゃあ。明日私から言ってあげましょ。」

「ヒルダ様。ありがとうございます。」

ヒルダとアンネローゼは昨日の会話を思い出していた。

マリーカは、夕食は何を作ろうかを二人に相談した。

「ヒルダ様、アンネローゼ様。わたし早いけど買物に行って来ます。じゃあいってきまーす」

マリーカはスキップをしながら、鼻歌を歌って部屋から出て行った。

残されたヒルダとアンネローゼは、

「うまくいくと良いわね。」

それは同時につぶやいた言葉だった。

【夕食の約束2】

ケスラーはヒルダの部屋から退室後、官舎に戻っていた。

ソファーに座り考えていた。というより思い巡らせていた。

マリーカとの出会いを。

そして「マリーカ」と一言つぶやいた。

心の中を暖かい風が注いでくる。

マリーカとの出会いはあの時だった。

マリーカが走ってきた。ケスラーは危ないと思いマリーカの肩をぐっとつかんだ。

すると「あ~」とマリーカが叫んだように聞こえた。

ケスラーは思った。「痛かっただろう。」

しまったと思っていた時に、マリーカが言葉をはしった。

「あー!私がチョコレートアイスクリームなんか買いにいかなければこんな事にはならなかったのに・・・・・」

ケスラーは「そういう物でもあるまいに・・・・」と思い巡らせた。

それから、目をつぶり考えていた。

マリーカに手を引かれて、カイザーリンのいる部屋の位置まで行った時、

地球軍残党を片付け火が回る屋敷から外に出るまで、アンネローゼ様とマリーカの肩に触れた瞬間を。

でもその時もマリーカの手と肩のやわらかしか覚えてなかった。

なんてたおやかなんだろう。ずっと触れていたい。

アンネローゼ様ではなく、マリーカだけを覚えていた。

「柔らかかった。細く今にも折れそうで。体の奥底からわいてでる、

この何とも言えない甘く切ない心地良い気分はなんだろう。」

そしてフェザーン医科大学病院で、マリーカと話した瞬間!

”この子は、ものすごく純真で素朴で感情が豊かだ。

でも心の奥はとても強くもろいところもあるだろう。純粋なのだ。

 この後にこのケスラーが思った”純粋” というのが大当たりするのだ!!

  今はまだ誰も知らないが。

明日マリーカと会えると考えただけで嬉しかった。ただ嬉しかった。

でも何故?私を誘ったのか?

マリーカに会った時、この件と自分に起こっているこの気持ちを確認しようと心に決めた。

そして、憲兵本部に連絡をしウェルナー中佐を呼び出した。

「明日の予定を確認したい。」

「明日ですか、地球教徒の取り調べが2.3件ございますが。」

「では夕方は何も入っていないな。」

「はい。何も入っておりませんが・・・・。総督閣下!それが何か?」

「何かとはどういう事かな。」

「いえ、このように予定を聞いてこられる事など一度もなかったので不思議におもいまして。

明日の夕方に何かご予定でもおありですか?」

するとケスラーは、ドキッとして!

「いや何でもない。ただ確認のためだ。

あっありがとう。では。」と言って通信を切った。

その時、ウェルナー中佐のいる憲兵本部では通信画面に映っていた

ケスラー上級大将の態度がおかしいのに気が付いていた。

ほかにもその近くにいた将校たちも、いつものケスラー憲兵総監閣下ではないと思っていた。

「なあ、どうしたんだ今の閣下は?」

「なんかそわそわしてなかったか?」

「いやそうじゃない。いつも冷静沈着さがまるっきり見られない。心ここに在らずって感じだ。」

「ひょっとして、恋人とケンカだったりして・・・。」

わははははと。皆一斉に笑いだした。

「もしそうだとしても、いつも表情に出さない総監閣下がそれは考え違いだよ。」

うわっはっはと、また笑いだした。

「でもさいつもと違う様子だったのは確かだぜ。」

「じゃあ、皆どうだい!ちょっとチェックしてみないか?」

「おいおい!?いいのか?」

「なあに!たいした事じゃないよ。明日の夕方、閣下がどちらに行かれるのか確認するだけさ。」

皆がう~んと頷いた。

ケスラーは、部下たちが自分の様子がおかしかった事を不思議に思っている事など、

思いもしなかっただろう。

通信が切れて、ケスラーはマリーカが喜びそうな物を持って行こうと考えていた。

「何がいいだろう。お菓子・花・人形・他には・・・・・。

あーー!くっそ!頭がごちゃごちゃする。なんでこんなに気になるんだろう。

あー!チョコレートアイスクリームを持って行こう。

火事の時には食べる暇なんて無かっただろうから・・・・」

ケスラーの顔は安堵して、いつもの冷静沈着に戻っていた。

「明日が楽しみだ。マリーカ・・・・」と優しく呟いた。

しかしケスラーの心の中で、マリーカの存在は大きくなっていた。

ケスラー自身が気付かぬうちに・・・・。
 

寝苦しい夜だった。

この日何回目の寝返りなのか、ミッターマイヤーには考える気力も無かった。

夜の闇の中で彼はうっすらと感じた。

<今夜は夢見が悪そうだ・・・>

気が付くと彼はラインハルトの旗艦、ブリュンヒルトの一室にいた。

どうやら軍事会議の最中らしい。

「今回の戦いは圧勝で終わるはずです

なぜなら相手がたわいもない口先だけの貴族連中なのですから」

「ですが油断は禁物」

オーベルシュタインが静かに横から口をはさむ

「形だけの軍事会議にもお堅い事だわが作戦参謀長は・・・」

どこからかそんな言葉が漏れてくる

「そうそう今日の会議は形だけまあ一杯やりながらゆっくりやりましょう!」

そういいながらおちょこを持ち一人一人酌をしてまわる一人の男がいた

「あの男は?」

ミッタ―マイヤーは横に座ってるロイエンタールに小声で聞いた

「まだ会った事がなかったのか?

最近いつのまにか会議室に住み着いたウンナンの片割れナンチャンとはあいつの事だ」

そうロイエンタール言って意味ありげな笑いを浮かべた

そこへ。

 ちょん、ちょん、ちょんちょんちょんちょんちょんちょんちょん・・・・

「皇帝陛下のおなぁーりぃー」

派手なお囃子とともに、顔半分以上をデカいマスクで覆ったラインハルトが入室してきた。

「(コホン)本日はご苦労である。軍事会議のために卿らに集まってもらったのは

実は表向き。我々には今まさに直面している重大問題が・・うっ・・」

ここまで言って、ラインハルトは急に口をおさえた。

「皇帝陛下?」

先を促すように非難がましくオーベルシュタインが言ったその時。

「ふぁ、ふぁ、ぶわぁーーーーーっくしょぉぉぉぉぉぉぉっいっとちっくしょぉ」

ラインハルトのくしゃみは国宝級、いや宇宙宝級?だった。

「陛下がくしゃみにお悩みとはウワサで聞いてはおったが・・・」

あっけにとられてロイエンタールがミッターマイヤーに話しかけていると。

コトコトコト・・・。

薔薇の花が華やかに生けてある壷が急に動き出し、

「呼ばれて飛び出てじゃじゃじゃ、じゃぁぁぁぁーんっと。」

な、なんと、アラビア風の衣装をつけた(ターバン、ヘソ出し)、

ウンナンのもう一方うの片割れ、ウッチャンが飛びだしてきたのだ!

「最近くしゃみをするとこんなのがついてまわり私を悩ます」

「そんな殺生な言い方あまりに御無体な  オイオイ・・・」

ラインハルトの横でしなを作り泣きまねをするウッチャン

「私はラインハルト様のためにこんなに尽くしていますのに   オイオイ」

「その泣き方はやめろーーー

おまえの使う魔法とやらはことごとく失敗ではないか

ヤンをつれて来いと言ったらトム・ヤン・クンを持ってくるは

宇宙を手に入れたいと言ったら地球儀もってくるは

  作る料理は味音痴、歌は騒音 邪魔にしかならんではないか」

「だってヤンて知らなかったし・・・」

「言い訳は無用、頼むからもう出てこないでくれ」

「そんなこと言われましてもくしゃみをされた方がご主人様で」

「皆のもの今日の話題はこいつをどうするかと言うことだ」

会議室がざわつき始め会議が始まった

その間もラインハルトとウッチャンのじゃれあい、もとい、どつき合いは 続いていた。

ご、ご主人様ぁ、肩をお揉みしますー」「いらぬ。」

ごご、ご主人様ぁ、コーヒーはいかがでごじゃるか?」「いらぬ!!」

「ごごご、ご主人様ぁ、お靴を温めておきました。」「臭いっ!」

「だいたい、そなたは何者なのだ?降って沸いたように出没しおって」

あちきでおじゃるか?コンビニ・ウッチャンとは、あちきのこと。

いつでもどこでもご主人様がお呼びになれば、24時間オフ抜きで

サービス致しまちゅ。  オイオイオイ」

「意味もなく泣くな!」

「あ、ついクセで。はい。」

すると、ウッチャンの真っ赤なでべそがさらに真っ赤になって点滅しだした。

ピコピコピコピッコン

あーれー、ご主人様、しばしお別れでごじゃる。

あちきは3分しか働けないので おじゃるぅーーー・・」

ウッチャンの姿は、もとの壺の中へと消えていった。

「どうやら、私がくしゃみをしなければ良いらしいが・・・それも保障できぬ。

ミッターマイヤー、何か案はないのか?」

名指しされたミッターマイヤー、「私めにおまかせを」

そう言って爽やかに立ち上がり、

「うるるんうるるんうるるんるん♪」

とナゾの呪文をとなえると・・・・

「おーっほっほっほっほ。私をお呼びになったのはどなた?」

そう言って、ウンナンの前に立ちはだかったのは

知る人ぞ知るゴンチャンマンだった。

人に頼むのは私の本心には背くがこの場合仕方あるまい

あのわけが解らん物体は私の手ではどうにも出来ぬといろいろ考えをめぐらすラインハルト

「いけーゴンチャンマン宇宙の平和のためあのウンナンを蹴散らすのだ」

ミッタ―マイヤーはそう叫びながら右手でウンナンを指差した

「シュワッチーーーー」

ゴンチャンマン一声発すると壷めがけて飛び込んだ

すると壷はこなごなに崩れ破片だけがあたりに散らばった

「オー―――壷の中には何も無いぞ」

「ウー――ンこの手があったか」小声でつぶやくミッタ―マイヤ

しかし、けしてゴンチャンマンは壷を壊すつもりではなかった

壷の中の世界へちゃんと飛び込めるつもりであったのだ

内心汗タラタラのゴンチャンマンであった

しかし、ゴンチャンマンもさるもの。

心臓バッコバコの動揺など表面にはおくびにも出さず、

箒で壺の破片を拾い集めておもむろに懐につめこんで。

「このワタシに不可能があって?おーほほほほほのほ」

高笑いついでに

ビシーッ っとミッターマイヤーを指さし、こう叫んだ。

「早くしないと遅刻するわよ!」

そして目点のミッターマイヤーを尻目に疾風のごとく

はるか銀河系へと去っていったのだった。

ミッターマイヤーは飛び起きた。

天気のいい朝だった。

すべては夢だった・・・。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。