FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* 「明日パーティー一緒に行かないか」とあいつを誘った。
俺から誘ってパーティーに連れていく女なんて牧野以外いるわけはない。
これまでも・・・・
そして・・・これからも・・・・ 
それなのにあいつから返ってきた答えは・・・
「いや、絶対いやだ!」の全否定。
「なんで?」
「いい思い出ないもん」
「食いもんタダだぞ」
俺の言葉で牧野の導火線に火がついた。
顔を真っ赤にしてあいつのパンチが俺の下腹部を直撃。
「いやな思い出、全部あんたのせいだからね。食べ物にはつられない」
腹の痛みに耐えて言葉の出ない俺を残してさっさと自分の家の中へ消えていった。
俺のせいってなんだ?
あいつと初めてパーティーで会ったのは・・・
俺は必死で記憶をひも解く。
俺が高3の静の誕生パーティーだったよな?
あいつに赤札張った直後のやつ・・・
俺の取り巻きの女に頭から水掛けられて困ってるあいつを類が俺より先に助けた。
それが無性に腹が立って類を殴ろうとして・・・
倒れた拍子に俺の唇と牧野と唇がふれあって・・・
あれって、俺様のファーストキスだぞ。
たぶん牧野も初めてだったはず・・・。
お互いが初めてで・・・
いい思い出じゃないのか?
俺の中では結構いい思い出だぞ。
次は・・・
そうだ!俺の誕生パーティーだ!
あん時は俺が招待もしてねえのにのこのこあいつが出てきやがったやつだ。
バァバァのたくらみで大河原滋を婚約者として紹介され、俺は面食らった。
牧野がそこにいたのも予想外だったけど・・・。
滋のことでは面倒なことも結構あって牧野を泣かせた。
でも、それがあるから俺はお前のことが忘れられないと気がついた。
今となればいい思い出じゃないのか。


なにしてんのあいつ?
家の窓から下を見下ろせば、道端で一人考え込んだと思ったら突然にやつき思い出し笑いしてる道明寺が見えた。
私が見ているのに気がついたあいつは私を見上げながら大声で言った。
「結構!楽しい思い出じゃないか」と・・・
確かに今となればそうかもね。
私には金持ちのパーティーなんて柄じゃないが、無邪気に笑顔で手を振り「楽しいかったぞ」と必死で繰り返すあいつを見て、「気が向いたらエスコートさせてやってもいいよ」とあいつにほほ笑みかけて笑っている私がいた。



*この短編 「第2話つくし誘拐さる」の中で書いたパーティーのF3三人が呆れる司の呆けたデレデレぶりを思い切り書いちゃおうと思いカテゴリーに短編部分を追加して書きだしてみました。
そしたらあの場面まで行きつかず・・・
終わってしまいした。
いつか書こうと思っています。


 


拍手コメント返礼
まあも 様
おっしゃる通り拍手いただくと喜びます。
そしてコメントまでついてくると天に昇る気持ちとなります。
でも無理しないでくださいね。
もうすぐ23時ですよ。
でもうれしい♪

スポンサーサイト
**この短編は第3話『届かぬ思いは誰のもの』のEND後のお話をこんなのもありかなと書いてみました。
出来ましたら第3話を読んだあとにお楽しみいただけたらと思います。


やっと牧野を全部自分のものにできると思っていた。
何度も何度も確かめるように長く、深く求めるままに牧野に口づけを繰り返えす。

俺の行為を小さく震えながら必死で受け入れている牧野が・・・
愛しくて・・・
愛しくて・・・
愛しくて・・・
俺の気持ちはもう抑えられないくらいに牧野でいっぱいになる。
「もう我慢しねえ、お預けはなしだからな」と牧野に言いながら、これ以上にないくらい牧野を強く抱きしめた。
気がつくと牧野をベットに横たえている自分がいる。
目をつぶって俺を待ってるあいつにそっと唇を落とす。
俺は唇を牧野の耳元に寄せてそっと囁いた。
「牧野・・・いいよな?」

「・・・」

何の反応もねえ・・・

「牧野?」

「・・・」

いくら恥ずかしいからって、それはないだろう。
俺の体の下で牧野の体はピクリとも動かない。
あんまり俺をじらすな
そう思いながら、もう一度牧野にキスをする。

「・・・」

やっぱり、牧野からは何の反射も返ってこない。

眠り姫にキスしてる感じてこんなもん?

柄にもなく童話の世界が思い浮かんだ。

眠り姫・・・眠り・・・

もしかして・・・

こいつ・・・

寝てるのか!?

嘘だろう!
こんな大事な時に普通寝るか!
「おい!牧野!起きろ!」
俺は必死に牧野の体を揺り動かす。
「ごめん・・・昨日寝てなくて・・・」
そう言った牧野はすやすや寝息を立て始める。
つれない牧野の返事が俺を完全に打ちのめす。

誰か・・・

夢だと言ってくれーーーー

俺・・・

もう立ち直れないかも・・・

俺は男としてのプライドがガタガタと崩れおちるのを感じた。
どこまでこいつは俺を振り回す気なんだ。
もしかしてわざとか・・・
落ち込む俺にお構いなく、あいつは無邪気な顔で大きくあくびをすると寝返りをうって、俺に背中を向けた。


*この短編は第3話『届かぬ思いは誰のもの』のEND後のお話を、
ちふゆ様のコメントをヒントにちょっと司に意地悪く書いて見ました。
本当につくしちゃんに爆睡されたら最悪ですよね。
司ごめん!
 


拍手コメント返礼
まあも 様
初期の頃のお話は司君の思い通りに行かないオチが多かったなぁ~
と、思いだしてしまいました。
PWつける限定記事を書くようになるとは思ってなかったなぁ・・・(;^ω^)

* なんかいいにおいがする・・・

ふんわりと飾り気のない、柔らかな甘い香りが俺の鼻先をくすぐる。

その存在を確かめるように横に寝返りをうつ。
右手に触れる柔らかい感触。
緩やかな曲線の丘が俺の手の中にすっぽりと収まっていた。

心地よいけだるさと満足感のはざまの中、牧野をしっかりと腕に抱きしめ眠りについた夜。
目覚めて、牧野の存在を確かめて夢じゃねえとホッとする自分が無性におかしかった。

牧野はまだ、すやすやと寝息を立てている。

俺は吸い寄せられるように、もう一つ余った左の丘に頬をすりよせた。
顔の筋肉がゆるんで両頬と上唇にくすぐったい感覚が走る。

これって・・・

ガキがおっぱい欲しがる感じじゃねえか?

でもなぜか、すげー安心する。

俺はガキにしちゃあ、でかすぎるだろうけど、まあいいよな。

牧野と結婚して、子供ができたら・・・
そいつとおっぱい取り合って喧嘩したりして・・・
俺って・・・
なんかすげー発想してねえか?
まあ二つあるから右が俺で、左は赤ん坊なんて分ける手もあるな。
なんて・・・・
牧野抜きで納得した。

「ねえ、ちょっと!どこ触ってるの!? この体勢苦しいんだけど」
「どこて?お前のおっぱい」
「おっ・・・・て・・・」
あいつの怒っている声も今日はなんだか甘く聞こえてくる。
上目づかいであいつを見るとやっぱり、耳まで真っ赤になって、頭から蒸気が見えるようだ。
「これ、全部俺のだから絶対離せない」
俺は上半身を起こすと、照れる牧野にお構いなくあいつの胸に顔を押し付けた。


                                           END

*ちふゆ様にお願いされたのでこんな感じに仕上げてみました♪

この後、司の夢で目覚めたらおっぱい6個あるブタさん抱き枕抱えて寝てたて、オチはいらないですよね。(^_^;)
ブタさん抱き枕ってあるのかな?


 


* 知り合った最初の年、バレンタインデーは終わっていた。
2年目のバレンタインデー。
あいつに呼び出しを受けて一人有頂天になっていた。
そんな俺に、あいつは「もう遅い」と俺からあいつへの、たった一つのプレゼント・・・。
土星のネックレスを押し返した。
「こんなの俺には、何の価値もねえ」と俺は、橋から流れのある川の中へネックレスを投げ捨てた。
それをあいつが探して・・・
拾ってたなんて・・・
今は、あいつの胸から土星のネックレスが離れることはない。

3年目の今年、初めてあいつからチョコレートをもらった。
すげー不細工な手作りチョコレート。
真剣に見つめるあいつの目の前で、チョコレートを一つ口に運ぶ。
「うめぇ」あいつは満面の笑みで「でしょう」と言って、にこっと笑った。


俺は、牧野にバレンタインもらったの今回が初めてだから、ホワイトデーのお返しも初めてだ。
ホワイトデー事態を気にするのは、実際生まれて初めての出来事だ。

一体なにを、プレゼントする?
高価なバックに宝石プレゼント!?
あいつは、花より団子だろうし・・・
夜の夜景をプレゼント!?
俺の柄じゃねえ・・・
一体なにがあいつは喜ぶ?
全く解かんねえ。
ここ数日、俺はプレゼントに悩みっぱなしだ。
迷った挙句、結局俺が助けを求めたのは、あいつらしか思い浮かばなかった。
「いいホテルと、いいワイン、あとは甘い言葉だけ」とあきら
お前らでは想像できねえなぁと総二郎は、にやりと笑いやがった。
「それとなく牧野に聞けばいいんじゃない」と類。
類の言葉に素直に納得する俺。
なんかほしいものあるかと、牧野に聞いてみた。
「時間」と、つれない返事が返ってきて、俺の計画は成り立たなくなってしまった。

迎えたバレンタイン当日。
朝9時あいつの携帯のベルを鳴らす。
「出ねえ」無性にもありふれた留守電のアナウンスが聞こえだす。
それは、夕方まで続いてしまった。

何度となく留守電に吹き込んだ伝言は「連絡くれ」から「てめぇどこにいる!俺を避けてんのか!」に代わっていた。

夕方7時過ぎようやく牧野と会うことができた。
「ごめん、今日はなんだかバイトの交代えらく頼まれてしまって・・・」と、無邪気にあいつは、ほほ笑む。
「牧野、お前今日は俺と会う気はなかったのか?」
「えっなんで?今日なんかあったっけ?約束はしてなかったよね?」
こいつの口早な質問攻めに少しイラッとくる俺。
「お前、本当に忘れてるのか!」
今日は・・・・怒らない・・・怒らない・・・と、心の中で自分に言い聞かせる。
不思議そうに俺を眺める牧野の表情は、ホワイトデーのホの字もなさそうだ。
「約束はしてなくても、今日はホワイトデーだろうが」
「あっ!忘れてた」
「だから・・つまり・・・俺・・・お前の欲しがるものいろいろ考えて・・・」
「結局解かんなかったから、お前の望むことなんでもかなえてやるつもりだった」
「なのに、忘れてただと、いい加減にしろよ」
「ごめん・・気がついてなくて・・・」
「道明寺が、ホワイトデーのこと考えてくれてるなんて思わなかったから」
そっと、牧野の腕が、俺の腕をからみとった。
「道明寺とこうして少しでも二人でいれたらそれだけで、私はうれしいから・・・」
俺の肩にあいつの頭がそっと添えられた。
「なんだ、そんなもんでいいのか?欲がねえな」
「うんん、私すごく欲張りだよ、道明寺いつも一人占めしてるもん」とあいつは照れて笑う。
「じゃあ、俺もお前一人占めだ」
俺はあいつの背中に腕を回すとギュッと強く抱きしめた。

そういえばバレンタインのチョコって・・・
こいつ・・・
送ったの俺が初めてかな?なんて気にしている想いが、ふと浮かぶ。
もう一度牧野をギュッとギュッと自分の胸の中に抱きしめた。

*ちふゆ様からいただきました題名をもとに書いてみました。
この「つかつく 24h」シリーズ化でいけそうな気がします。

 


拍手コメント返礼
まあも 様
2010年3月UPのお話。
このころはまだFC2じゃなく別なところでブログを借りて二次を書いてたんですよね。
ファイナル見てまだ熱が冷めてなくて楽しんでましたね。
楽しくなるオチをお笑いのネタを考えるように考えてたなぁ。
関西出身ですか?なんてコメントをいただいたこともありました。
いろんなお話書きたくなる気持ちわかっていただけてうれしいですよ。



*ある晴れた日の日曜日。
珍しく何の予定もない真っ白な時間。
のんびりゆっくり二人で部屋にしけこもうとする俺の邪心な考え知ってか知らずか・・・。
「たまには外で元気に過ごそう」なんて牧野が甘ったるくにっこり笑う。
* 短編二人の休日の続きです。
出来ましたら短編をお読みになった後お楽しみください。



*「動物園行きたい」
突然、牧野が言い出した。
この前の庶民デートも悪くなかった。
もしかして、なんかいろいろ俺を楽しませることあいつ考えている?
なんて淡い想いを抱いてしまう。
*邪魔者は・・・①からの続きです。

*「類お兄ちゃんの方がやさしい!」

「「えっ」」
俺と牧野の視線が一瞬交差して同時に子供をまじまじと眺める。
自分の言った言葉の重さなんて気にする様子は微塵もなくチューチューとくそガキはジュースをストローで飲んでいる。

スゲー面白くねえ!
このガキが類を知ってることも、こいつ自体の存在も、何もかもが気に食わない。

邪魔者は・・・2からの続きです。

*「おい こっちの方が面白いぞ」
突然道明寺が後ろからしんちゃんを持ち上げると自分の肩に下ろし、しんちゃんの両足をささえて肩車をした。

げーーーどうしたの?
何考えてる?
思いもよらぬ道明寺の行動に拍子抜けしてさっきまでの私の怒りが影をひそめてしまった。
道明寺なりにしんちゃんと仲良くなろうとしてるのだろうか?
まあどうでもいいか、なんて気分になって私の機嫌も上昇する。
この短編はFrom one's heart 3 を元にした短編です。
*
「お前の携帯貸してくれ」
平常心装いながらなるべく自然な雰囲気で手をさし出した。
「なにすんの?」キョトンとした牧野の顔に思わずドキッとする俺。

悪戯する前の高揚感てこんなものなのだろうか。

俺は悪戯する訳じゃねぇ!
自分を落ち着かせる為のいい訳みたいな感じがしてきた。

「着信歴とか見るつもり?」
「心配しなくても『俺様』しか履歴ないよ」と牧野はゲラゲラ笑いだす。


この前牧野にばれた俺の携帯への牧野の表示名「マイハニー」
照れくさいから変えろと無理やりあいつの目の前で「牧野」に変えさせられた。
後でしっかりまた「My Honey」に変えたけどな。
仕返しに着信音はウエディングマーチにしてやったぞ!
俺の方だけじゃ物足りないから牧野の携帯も変えてやれと思いつく。

「別に浮気の心配なんかしてねえよ、俺の番号変ったから入れ直す」

表示名を何気に「My Darling」に変えるために考え抜いた俺の作戦。

笑顔のまんま素直にあいつが俺に携帯を渡した。
ボタンをさっさと押して素早く入力し直した。

普段の顔で携帯を牧野に渡そうとするが、気を抜くと頬が緩みそうで焦ってしまう。
手のひらが緊張の汗でテカテカ光ってた。

怪訝そうに携帯を受け取る牧野。

自分の携帯見つめて固まった。
「なにこれ!」
不快感に顔をしかめやがった。

俺の目に前に差し出された携帯画面。
表示された「My Darling」の下には俺の携帯番号。
なかなかいいじゃねぇか。
必死で力入れていた頬の筋肉がだらしなく緩んでしまった。

「別にお前以外見ないんだからいいだろう、『俺様』の着信名は飽きたからついでに変更した」
表示名変えたのばれるのは承知の事でばれてしまえばどうってことはない。
後は開き直りごり押しするだけ。

「別に私は飽きてないけど・・・」
ぼそっと牧野がつぶやいた。
それを聞こえないふりして無視を決め込む。

「変えたら承知しないからな!」
怒鳴るように言ってはみたが迫力なし。

「プッーーー」牧野は俺見て噴き出した。
「こんな事で道明寺はうれしいんだ」
今度は機嫌いいくすぐったい笑いを俺に向ける。

「悪いか」
ふてくされたように言ってみた。

「もしかして・・・私の表示名もまた戻したの?」
呆れたような顔して聞いてきた。
仕方なく「ああ」と頷く。
着信音の事は今は内証にしておこう。

「しょうがないな。その代わり誰にも見せないでよ」
今度は照れながら牧野が許可するほほ笑みを俺にくれた。

mebaru様のコメントをヒントに書いてみました。
着信音のヒントはC****様からいただました。
いつもありがとうございます♪
つくしの携帯の司の着信はなんになるんでしょうか?(笑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。