FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いよいよ本日ドラマが最終回。
道明寺や花沢類に8話では総ちゃんが登場。
総ちゃんもあのままのクオリティーで登場してくれて一気に花男の世界が復活してきました。
ドラマが放送されてから、ドラマを見てお邪魔しましたと訪問して下さる方が増えています。

7話ではまたまたタマさんと西田さんが登場。
うちのブログでは西田さん日記が意外と人気あります。
某所トークでの7話の話で盛り上がり、短編を書く約束をしてましたが、なかなか更新できずにいました。
最終回前にはUpしたいとギリギリの更新となりましたが、お楽しみいただけたら嬉しいす。

よし!間に合った!
自分の家なのに足音を立てないように忍び込む。
家一軒が軽く入り込む玄関。
広々とした空間を淡いランプの光が照らす。

屋敷の主が帰宅してないってことがわかるのは騒々しさが姿を消して落ち着いた空気がエントランスに満ちているから。
あいつが帰ってきた途端騒々しさは天井を突き抜ける。

足を踏み入れて気が付くいつもとなんとなく違う気配。
私が帰ってくるのを待ち構えたようにコツコツと響くタマ先輩の第三の足!杖の音が響いてこない。
今日は少し遅くなったから寝ちゃったかちょっぴり寂しくなる。
あの「お帰り」の愛想のない表情でしわくちゃの口元から飛び出す声が我が家に帰ってきた感をもたらしてくれる。


自分の足音を消して廊下を進む。
扉から漏れる明かり、そして聞こえてきた西田さんの声。
いつもはしっかりと閉ざしてるはずの扉。
いくつもある応接間の一つ。
日本有数の財閥。
ホテルでも開業できそうな広さを都内に持つ道明寺邸。
訪れる人も多く一般家庭ではほぼリビングと同調させる応接室もいくつかに分かれてる。
この部屋って・・・
いかにも自分大好きな道明寺だと納得しちゃうような部屋。
私と知り合った頃の道明寺の写真がずらりと部屋の壁を飾ってる。
普通家族の写真でしょっ!
それも写真たてに自然と飾って棚に置く程度のもの。
この部屋ってスターの記念館並みだもの。
タマ先輩は気に入ってるみたいだけど。
この部屋に通す関係者って・・・だれ?

聞き耳を立てる私はすっかり盗み聞きの体勢だ。

「一つ聞いていいですか?
道明寺さんは子供の頃からすごいひとだったんですか?」
初めて聞く声は結構若い声。

西田さんが話してる相手は二人。
高校生くらい?の男子と女子と認識できる。
男の子の雰囲気から道明寺のイメージはそんなに悪くないんだなって感じる。
だからこの部屋なのかな?

思わず覗き込んだ私がとらえたのは団子頭の白髪に混じるわずかな黒髪。
タマさんがいる!
西田さんとタマさんの組み合わせって、我が家では愛嬌だ。
いったいこの二人とどんな関係。

「お二人は赤札のことをご存じですか?」
久々に聞いた赤札の言葉にドクンと心臓が鳴った。
いまだにあの頃のことを思い出すと私はよく頑張ったって思う。
ここで赤札の話を持ち出すって・・・今更なんだ?
ますます頭が混乱する。

ローカーに赤札を貼り庶民狩りを行っていた道明寺。
いじめとして、遊んでいた。
そんな説明も今は懐かしいと思てるようになってる。

「だが、一人の女性との出会いにより、坊ちゃんは変わった。それにより生徒たちも変わったんです」
その女性って・・・私のこと?
ここで盗み聞きしてる私って・・・
見つかったら・・・やばくない?

「あんたのいう品格は、後から磨いて行ったんだよ」
「初めから完璧ではなかった」
「間違ったと思ったら、そこから軌道修正すればいい」
西田さんとタマさんの二人を見つめる瞳はやさしくほほ笑む。
なんとなくジンと来ちゃうのは懐かしい記憶が胸の奥で暖かい熱を感じる。

私が迷ったとき・・・
道明寺が悩んだとき・・・
この二人がいつもそばにいてくれた・・・
それはやっぱり今も変わっていない。

そして若い二人は部屋を出る。
別な扉から出てくれて助かった私。
二人のそのあとから部屋を出る初老と長老の二人。

「あの二人に似てますかね?」
「ちっとも似てやしないよ」
二人を見送りながら西田さんがタマ先輩にかけた声。
あったかな微笑みを浮かべてるタマ先輩。

「道明寺の奥様が盗み聞きかい」
玄関の柱の陰に隠れていた私はぎくりと背中に丸める。

「奥様だけじゃなく代表もいらっしゃる」
西田さんの声に私の後ろに感じる人の気配。

「俺のいない間に知らねぇやつ屋敷に入れんじゃねぇよ」
ふてぶてしさと傲慢さは私と知り合う前とちっとも変っていない道明寺。

「もうしわけありません。
昔のお二人を思い出させてくださる方たちだったので、なんとなくほっとけなかったものですから」
かすかに西田さんの頬が柔らかく動く。

え?
あの西田さんが・・・
笑ってない?

不思議な感覚のまま私と道明寺は顔を見合わせてた。


関連記事
テーマ:二次創作:小説
ジャンル:小説・文学
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/06/26(Tue) 13:23 |  |  | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/06/27(Wed) 06:57 |  |  | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/08/06(Mon) 04:06 |  |  | 【編集
スリーシスターズ 様
お返事遅くなりました。
いつの間にかドラマも終わって・・・
最近何やらファイナルがブルーレイで発売されるとの話題が~

花晴れ原作は今からまた面白くなってきそうな予感ですね。
2018/08/15(Wed) 08:41 | URL | ひー | 【編集
ままちゃん 様
主のいない道明寺邸では西田さんとタマさんやりたい放題なのでしょうか?
タマさんはわかるけど西田さんは司のそばにいなくていいのかと突っ込んでみたくなりました。

懐かしいい顔ぶれそろいましたね。
全員と行かないのは大人の事情なのでしょうか?
でもまた勢ぞろい見たいですよね。
2018/08/15(Wed) 08:43 | URL | ひー | 【編集
Fumee様
こんにちは、
コメントありがとうございます。
今後はLineでトークできればと思います。

オフ会でスリーシスターズさんとお会いされてるんですね。
私はなかなかオフ会の機会がないので、Lineトークでもっぱら楽しませていただいてます。

チャットも以前はよく参加してたのですが最近なかなか参加できないですね。
久しぶりにチャットのやってみたいかな。
2018/08/15(Wed) 08:46 | URL | ひー | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。